動画制作業者の活用

全世界でユーチューバーと言われる人たちの作る動画がそれこそ全世界へ向けて拡散されていますが、もちろん動画制作の発表の場は様々なツールがあり、それぞれに思い思いのユニークで個性的な動画が制作されていて、動画業界は今がピークと思われる節もあります。かつて紙文化が主流だった頃はそれぞれの生き方や独創的な思想をふんだんに盛りこんだ著書が、本屋の店先に所狭しと並んでいたものですが、現在は昔懐かしの立ち読みする姿もほとんど見かけなくなりましたし、本屋が街から消えたという衝撃的な新聞記事を見つけるしまつです。

趣味で動画制作するのであれば何を作っても良いのです。仮に気持ち悪いと酷評されるような作品であっても、ゲテモノ好きな少数派のファンもいるのです。しかしながら利益をそこから得るとなると話は別です。いわゆるアフィリエイトとしての収入ではなく商品説明としての動画制作であれば、動画をみた人が購買意欲をかき立てられて商品の売り上げに直結するものでなければいけません

誰が見ても共感を生むものであり、ついでに商品の使い方や具体的な内容も一目瞭然でわかりやすく、魅力的でなければなりません。実際に使っている場面を動画にするのも表現方法としてありでしょうし、視覚的視点から情報を効果的に提供する方法に加えて、音響効果で聴覚に訴える要素もあればなお良しというところでしょう。

その情報を受け取るかどうかを決めるのはあくまでも閲覧者であるユーザーですから、おもしろくなければ途中でスキップされてしまう事もあり得る事を考えると、一瞬にしてユーザーの心を虜にしてしまう効果も必要です。素人にはかなりハードルの高いレベルです。