業者を活用する利点

商品が売れなければ会社としてはやっていけません。ですからユーザーの記憶の片隅にしっかりと残って必要に応じて思い出してもらわなければなりません。紙情報が主流だった時代は新聞や雑誌あるいはチラシ広告とあらゆるツールを使っての宣伝広告であった事は、ご周知の通りです。経済的にゆとりのある企業はテレビコマーシャルで大々的に宣伝しましたが、そうでない小さい店舗はクチコミとたまに配布するチラシからの効果がたよりです。

それが今はどうでしょうか。モバイルツールから始まってPCで閲覧可能な動画サイトやSNS、あるいは自社ホームページで視覚と聴覚にうったえる効果的な方法を活用して、誰でも気軽に世界へ向けての情報発信が可能なのです。自分でやればほぼ無料でできますが視聴者の感覚は一枚も二枚も上手ですから、完成度の低い動画は即刻スルーです。そうしたシビアな面はあるにせよ、とにかく感覚で訴える商品説明はかなり効果があるというのは、テレビCMでお馴染みです。

具体的な検証結果は解析ツールから多角的に分析してみる必要がありますが、文字や静止画以上に商品の魅力を伝える効果は、やはり動画の方が上です。何よりも静止画以上に言葉や文字で伝えにくい雰囲気を伝える事ができますし、短時間でインパクトのある動画から消費者の脳裏に映像で焼き付ける事請け合いです。ただしそうした動画広告の大半はプロが制作したものである事を特筆しておきます。

〔参考HP〕動画制作