業者を活用する利点

商品が売れなければ会社としてはやっていけません。ですからユーザーの記憶の片隅にしっかりと残って必要に応じて思い出してもらわなければなりません。紙情報が主流だった時代は新聞や雑誌あるいはチラシ広告とあらゆるツールを使っての宣伝広告であった事は、ご周知の通りです。経済的にゆとりのある企業はテレビコマーシャルで大々的に宣伝しましたが、そうでない小さい店舗はクチコミとたまに配布するチラシからの効果がたよりです。

それが今はどうでしょうか。モバイルツールから始まってPCで閲覧可能な動画サイトやSNS、あるいは自社ホームページで視覚と聴覚にうったえる効果的な方法を活用して、誰でも気軽に世界へ向けての情報発信が可能なのです。自分でやればほぼ無料でできますが視聴者の感覚は一枚も二枚も上手ですから、完成度の低い動画は即刻スルーです。そうしたシビアな面はあるにせよ、とにかく感覚で訴える商品説明はかなり効果があるというのは、テレビCMでお馴染みです。

具体的な検証結果は解析ツールから多角的に分析してみる必要がありますが、文字や静止画以上に商品の魅力を伝える効果は、やはり動画の方が上です。何よりも静止画以上に言葉や文字で伝えにくい雰囲気を伝える事ができますし、短時間でインパクトのある動画から消費者の脳裏に映像で焼き付ける事請け合いです。ただしそうした動画広告の大半はプロが制作したものである事を特筆しておきます。

〔参考HP〕動画制作

ECサイトで商品説明

本屋が街から消えつつあるとの記事が一部の新聞で取り上げられた事もあり、あらためて活字離れの傾向を痛感してしまう人も多いのではないでしょうか。実際はそうではなく活字の活躍の場が紙情報からインターネットの世界へ移行しただけなのですが、IPHONEの爆発的な普及が後押しをしている現実があります。

同様にECサイトを通しての物流システムが活性化されています。多くの店舗がリアル店舗での購入よりも割安な価格での提供を推し進めています。しかしながらいくら良質なサービスを展開していても、知ってもらわなければ売り上げも何もありません。そこで多種多様あるSNSや動画サイトを活用しながら商品説明用の動画制作をする事になります。

商品説明動画は動画サイト掲載が主流となっていますが、まだまだネット環境にない人もいますから、そういった人たち向けに店頭で商品説明用TVを設置して活用している店舗もしばしば見つけます。ネットで評判が良ければそのままテレビCMにも活用される事もありますし。自社ホームページに制作した動画を掲載している例もみかけます。

視聴者のレベルは年々上がってきていますから、シビアな目で動画をみています。いくら良質なサービスであっても動画がおもしろくなければ、スルーされてしまいますからストーリー性があって一瞬にして脳裏に焼き付けられるほどインパクトがあるものでなければなりませんし、肝心要のわかりやすさも要求されますから、大半はプロの動画制作業者への依頼になります。

動画制作業者の活用

全世界でユーチューバーと言われる人たちの作る動画がそれこそ全世界へ向けて拡散されていますが、もちろん動画制作の発表の場は様々なツールがあり、それぞれに思い思いのユニークで個性的な動画が制作されていて、動画業界は今がピークと思われる節もあります。かつて紙文化が主流だった頃はそれぞれの生き方や独創的な思想をふんだんに盛りこんだ著書が、本屋の店先に所狭しと並んでいたものですが、現在は昔懐かしの立ち読みする姿もほとんど見かけなくなりましたし、本屋が街から消えたという衝撃的な新聞記事を見つけるしまつです。

趣味で動画制作するのであれば何を作っても良いのです。仮に気持ち悪いと酷評されるような作品であっても、ゲテモノ好きな少数派のファンもいるのです。しかしながら利益をそこから得るとなると話は別です。いわゆるアフィリエイトとしての収入ではなく商品説明としての動画制作であれば、動画をみた人が購買意欲をかき立てられて商品の売り上げに直結するものでなければいけません

誰が見ても共感を生むものであり、ついでに商品の使い方や具体的な内容も一目瞭然でわかりやすく、魅力的でなければなりません。実際に使っている場面を動画にするのも表現方法としてありでしょうし、視覚的視点から情報を効果的に提供する方法に加えて、音響効果で聴覚に訴える要素もあればなお良しというところでしょう。

その情報を受け取るかどうかを決めるのはあくまでも閲覧者であるユーザーですから、おもしろくなければ途中でスキップされてしまう事もあり得る事を考えると、一瞬にしてユーザーの心を虜にしてしまう効果も必要です。素人にはかなりハードルの高いレベルです。